2014年6月19日木曜日

『象の背中で焚火をすれば』



『象の背中で焚火をすれば』

広瀬隆/著 NHK出版 2011.06

巨大なプレートの境界部にできた島国で原子炉に火を灯すのは、象の背中で焚火をするようなもの-1998年刊「地球の落とし穴」と1999年刊「パンドラの箱の悪魔」から、原発と社会を考えるための4短編を選び再構成。


 先日、広瀬隆さんの著作、「象の背中で焚火をすれば」という本を読んでみました。

 阪神淡路大震災について書かれている部分がとても心に残りました。

 阪神淡路大震災では大地震発生後、72時間、最初の3日間が生死の分かれ目だったとのことが書かれています。

 大地震発生後3日間は外部からほとんど援助の手が差し伸べられなかったと書いてあります。

 神戸の人は、われわれに今もこう強く忠告する。

 「みなさんは、テレビを通じてあの惨事を頭で理解したつもりだろうが、それは、私たちが体験したことと、まったく違う出来事です。テレビの画面には、ほとんど何も見えていない。死んでいった家族の叫び声が聞こえない。最初の瞬間に、生死の分かれ道があったのです。何度でも言っておきます。明日、あのような大地震が来ると考えて、充分すぎるほど備えておきなさい。その日になってからでは手おくれなのです」

 孤独で、最も苦しい時期に、誰も助けに来てくれない。それが震災の正体だったという。

 と書いてあります。

 東京でも大きな地震が起きることは想定されていて、大地震に対して、食料や水の備蓄などは、最低3日分はしておかなければならないのだと思います。

 仮に首都圏で大きな地震が発生すると、日本人の3分の1が苦しむことになるとあります。

 プレート境界が三つも揃った地球上の最も危険な地帯に、化学プラントと原子力発電所を建設し、高層ビルを並べ立てて、そのうえ蟻のような大群のように人間が肩寄せ合って生きている。

 遠くの惑星に住む生物がこの姿を望遠鏡で眺めたなら、「象の背中で焚火をする行為に等しい」と絶句するに違いないと書いていて、日本とは象の背中で焚火をしているようなものだとの意のことを書かれているのがとても印象に残りました。

  
象の背中で焚火をすれば
象の背中で焚火をすれば
著者:広瀬隆
価格:1,080円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る