2020年10月27日火曜日

『水晶内制度』

『水晶内制度』 

笙野頼子/著       エトセトラブックス 2020.8

作家の「私」が亡命したのは、原発の受け入れを交換条件に日本から独立した「女人国ウラミズモ」。作家は神話を作りながら、この悪夢に魅了されて。加筆修正し、書き下ろし「作者による解説」を追加して復刊。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

水晶内制度 [ 笙野頼子 ]
価格:2640円(税込、送料無料) (2020/10/27時点)


『シンドローム 下』

『シンドローム 下』

真山仁/[]        講談社    2020.10

官邸は迷走、首都電は責任回避に奔走。原発メルトダウンの危機は確実に進行する。表向き救世主として振る舞う鷲津の本当の狙いは何か。権力者たちの疑心暗鬼は膨れ上がり。巨大買収のリアルを描くハゲタカシリーズ。



『シンドローム 上』

『シンドローム 上』 

真山仁/著 講談社 2020.10

電力業界に狙いを定め、鷲津が総本山「首都電力」に買収を仕掛けようとした矢先の20113月、東北を未曾有の地震、津波、原発事故が襲い。巨大買収のリアルを描くハゲタカシリーズ。


 



      


『寿ぐひと』原発、住民運動、死の語り

『寿ぐひと』原発、住民運動、死の語り

嶋守さやか/著    新評論    2020.10

 原発立地地域や原発労働供給地、病院などにおいて、生命と生活に根ざした営みを続けている人びとに密着。生死の語りが繰り返される日々の中、対立と分断を超えて信頼し、助け合い、共感の地域社会を共に築く姿を綴る。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

寿ぐひと 原発、住民運動、死の語り [ 嶋守さやか ]
価格:2640円(税込、送料無料) (2020/10/27時点)


『東日本大震災と<自立・支援>の生活記録』

『東日本大震災と<自立・支援>の生活記録』 

吉原直樹/編著  六花出版 2020.7

東日本大震災から9年。復興の現状や<自立・支援>の諸相をあきらかにし、復興の記録の方法とレガシーの中身を検討。<自立・支援>の「いま」と「これから」を問い質す。ジャケットそでにテキストデータ引き換え券あり。

          

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東日本大震災と<自立・支援>の生活記録 [ 吉原直樹 ]
価格:8800円(税込、送料無料) (2020/10/27時点)


『兵士は起つ』自衛隊活動記録

『兵士は起つ』自衛隊活動記録

杉山隆男/著     扶桑社    2020.7

 津波に呑まれながらも濁流の中を自力で泳ぎ、人々を救助した隊員たちがいた! みずからの家族の安否も確認できぬままの災害派遣、遺体と向き合う日々、そして原発処理。大震災下の自衛隊員たちの緊迫と感動のルポ。



『お迎えに上がりました』国土交通省国土政策 幽冥推進課5

『お迎えに上がりました』国土交通省国土政策 幽冥推進課5

竹林七草/著     集英社    2020.8

国土を不法占拠する「元国民」=地縛霊を立ち退かせる幽冥推進課で働く夕霞。出張先の気仙沼で出会ったのは、東日本大震災による津波で引き裂かれた親子が抱え続ける悲痛な想いだった-。あやかし×お仕事コメディ、第5弾。