2020年6月6日土曜日

『科学技術社会論の挑戦 1』科学技術社会論とは何か


『科学技術社会論の挑戦  1』科学技術社会論とは何か

藤垣裕子/責任編集 東京大学出版会2020.4

原発事故、気候工学、ゲノム編集…。現代に生じるさまざまな課題にどう取り組むかを考える科学技術社会論(STS)の研究と実践をわかりやすく伝える。1は、この分野の学としての成り立ちや現実の課題群を概説する。


『図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集』 2011年のあの時・いま・未来を知る 増補版


『図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集』 2011年のあの時・いま・未来を知る 増補版     

みんなのデータサイトマップ集編集チーム/企画・編集みんなのデータサイト出版2020.4

東日本大震災による福島原発事故後、日本各地で立ち上がった「市民放射能測定室」のネットワーク「みんなのデータサイト」による放射能測定結果をまとめて地図化し、解説する。新たに現れた問題や課題を取り上げた増補版。


『ブルーネス』文春文庫106-1

伊与原新/著 文藝春秋 2020.4


東日本大震災後に地震研究所を辞めた準平は、学会で異端視される武智に「津波監視システムの実現に手を貸して欲しい」と誘われ…。自らの使命を見つめ直す科学者たちの、新たな挑戦を描く。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブルーネス (文春文庫) [ 伊与原 新 ]
価格:1056円(税込、送料無料) (2020/6/6時点)


『平成政治史 』 政界再編とポスト冷戦型社会運動


『平成政治史 』 政界再編とポスト冷戦型社会運動 ちくま新書 - 1495

大嶽秀夫/著 筑摩書房 2020.5

自民党一党優位打破が期待されたが、結局、自民党は政権の盤石化に成功した。なぜこのような結果になったのか? SEALDsや脱原発運動、在特会など、新しい社会運動の動向にも注目。激動の30年を俯瞰する政治史決定版。


『コロナ危機を生き残る! 』 資金繰りが不安な事業者必見!!


『コロナ危機を生き残る! 』 資金繰りが不安な事業者必見!!   

小山晃弘/監修 ゴマブックス 2020.6

新型コロナウイルス感染症対応の緊急金融支援策の徹底活用ガイド。日本政策金融公庫の特別貸付制度や、信用保証協会の保証付融資などをすぐに利用できるよう、必要最低限のポイントをわかりやすく簡潔に解説する。


『パンデミック客船「ダイヤモンド・プリンセス号」からの生還 』


『パンデミック客船「ダイヤモンド・プリンセス号」からの生還      

小柳剛/著           KADOKAWA      2020.5

新型コロナウイルスに冒されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」に乗船し、隔離された船内の一部始終を目撃した著者が、疑惑と混乱の17日間を語る。著者と元NHKプロデューサーの対談も収録。


『思想としての<新型コロナウイルス禍> 』


『思想としての<新型コロナウイルス禍

大澤真幸/[ほか著] 河出書房新社 2020.5

新型コロナウイルス禍による危機は、人類に何を問うているのか。この破局に、どう向かいあうべきか。社会学者、医学者らの論考や、病理学者、美術批評家らのインタビュー、舞踏家のエッセイなどを収録する。