2021年1月15日金曜日

『コロナ敗戦後の世界』

『コロナ敗戦後の世界』

山田順/著           エムディエヌコーポレーション       2020.12

2020年秋、日本政府は新型コロナウイルス感染症防止対策より経済対策に注力するようになった。コロナ禍で露呈した日本の後進性、ガラパゴス化、深刻な経済衰退。ポストコロナの世界を透視する国際政経社会論。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コロナ敗戦後の世界
価格:980円(税込、送料無料) (2021/1/15時点)


『コロナと潜水服』

『コロナと潜水服』 

奥田英朗/著       光文社    2020.12

5歳の息子には、新型コロナウイルスが感知できる? パパがとった究極の対応策とは。表題作をはじめ、愛と奇想の全5作を収録する。作中の登場曲が視聴できるQRコード付き。『小説宝石』掲載を書籍化。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コロナと潜水服 [ 奥田英朗 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/1/15時点)


『コロナ時代の歴史学』

『コロナ時代の歴史学』 

歴史学研究会/編 績文堂出版 2020.12

感染症が問いかけるものに歴史学はいかに応えうるのか。政治と社会の分断、新たな排除と差別、格差問題…新型コロナウイルスにより浮き彫りにされた現代社会がはらむ諸問題に対して、気鋭の歴史家たちが新たな視座を提示する。

         


『新型コロナの科学』パンデミック、そして共生の未来へ

『新型コロナの科学』パンデミック、そして共生の未来へ

黒木登志夫/著    中央公論新社       2020.12

世界を一変させた新型コロナウイルス。治療薬やワクチン開発を含む研究の最前線を紹介し、膨大な資料からその正体を探る。さらに、見えない敵に立ち向かう医療現場のドラマも描き、日本政府の対応にも鋭く迫る。



『デカメロン2020』

『デカメロン2020』 

内田洋子/企画・訳           方丈社    2020.12

20203月、新型コロナウイルスの猛襲を受けロックダウンが発令されたイタリアで、24人の若者たちが語り始めた-310日から527日までの、彼らの言葉をまとめた記録集。本体は背表紙なし糸綴じ。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デカメロン2020 [ イタリアの若者たち ]
価格:2750円(税込、送料無料) (2021/1/15時点)


『武漢脱出記』中国とフランス、二つのロックダウン

『武漢脱出記』中国とフランス、二つのロックダウン

ビンタオ・チェン/著       中央公論新社       2020.12

感染源であり、最も苛烈なロックダウンを行った生地、武漢での日々。そこから脱出し、仕事をしているパリで再びロックダウンにあった日々。対照的なロックダウンを内側から描いた貴重な記録。写真帳も収録。

   


2020年12月26日土曜日

『長生きしたけりゃ肺を鍛えなさい』

『長生きしたけりゃ肺を鍛えなさい』

宮崎雅樹/著       エクスナレッジ    2020.12

 新型コロナウイルスも、誤嚥も、ぜんそくも、すべて肺から! 強い肺をつくって免疫力をアップし、病気の重篤化を防ごう。重症化しやすい人の特徴から予防法までを解説し、肺の機能を高める「肺トレ」のやり方を紹介する。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

長生きしたけりゃ肺を鍛えなさい
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/12/26時点)