2023年3月31日金曜日

『福島 生きものの記録』 シリーズ4 ~生命~ 

『福島 生きものの記録』 シリーズ4 ~生命~                               

 岩崎雅典監督 (早大探検部6期OB、早大探検部OB会第5代会長) 群像舎 2013

  平成25年(2013年)度 文化庁映画賞 文化記録映画優秀賞受賞

  発起人 中本信義(早大探検部6期OB)、坂口康、陣内直行、菅野均、矢作和重(早大探検部12期OB)、高橋丈夫(早大探検部13期OB)、中山哲(早大探検部13期OB)、清水光雄(早大探検部13期OB)、丹野慎一(早大探検部15期OB)、太田肇(早大探検部23期OB)、川村一綱

  呼びかけ人 飯島博、飯島正広、岩本久則、上幸雄(早大探検部10期OB)、奥島孝康(早大探検部第2代部長)、加藤登紀子、見城美枝子、竹内謙(早大探検部7期OB)、谷村志穂、中村敦夫、中西せつ子、西木正明(早大探検部7期OB)、西田敏行、羽山伸一、船戸与一(早大探検部8期OB)、前田憲男、柳生博、地球生物会議ALIVE

   2023年の年賀状に早稲田大学探検部OBからのカンパをと記したところ、早稲田大学探検部34OGの浅井美香さんより、2023113日に1万円のカンパがありました。

   カンパしていただいたお金で、早稲田大学探検部6OBで早稲田大学探検部OB会第5代会長だった故岩崎雅典さんの映像作品、『福島 生きものの記録』全5巻を購入しました。

   『福島 生きものの記録』全5巻をAmazonで見つけていたので、浅井さんからのカンパのお金で、 『福島 生きものの記録』全5巻のDVDを購入しました。

   2023331日に 『福島 生きものの記録』 シリーズ4 ~生命~ を鑑賞しました。

   シリーズ4 ~生命~ では、福島第一原発事故後の放射能汚染地域の生命の放射能汚染の状況を探っています。

  奥日光のニホンジカの放射能汚染の状況も調べていました。

   僕は『グラバーへの手紙』 震災後の奥日光   という本を読んでいて、奥日光が放射能汚染されていることは知っていましたが、この映画を見ていて、具体的にどのような状況になっているのかが映像として分かりました。

 参考文献 『グラバーへの手紙』 震災後の奥日光  

  以前の作品でも取材している、つばめののどの白斑のことも継続して追って、調べて、探っていました。日本野鳥の会、自然保護室チーフの山本裕さんにインタビューして、

  「何らかのストレスにより白斑が出る可能性がある。放射性物質もストレスになる」

  という言葉を使っています。

  飯舘村の放射能汚染を探る取材では、いいだてファームというところで、きのこの放射能汚染状況を取材していて、一般食品の放射能汚染基準は100ベクレル/kgだが、(ベクレルとはウィキペディアによると、放射能の強さを表す単位であり、それは1秒間に崩壊する原子核の数で表される)野手上という地区で採れた香茸は6800ベクレル/kg、蕨平という地区で採れた香茸はなんと48300ベクレル/kgもセシウム量があることを映像として記録して、見せています。ものすごい放射能汚染だと僕は思い、愕然としました。

 飯舘村について書かれている本はこちら

 →飯舘村』  6000人が美しい村を追われた

  『福島飯舘村の四季 

  『原発に「ふるさと」を奪われて』  福島県飯舘村・酪農家の叫び

  『美しい村に放射能が降った』

  『福島、飯舘それでも世界は美しい』  原発避難の悲しみを生きて

  『もどれない故郷ながどろ  飯舘村帰還困難区域の記憶  

  牛が消えた村」で種をまく』

  『飯舘を掘る』  天明の飢饉と福島原発

 アカネズミの継続取材では、アカネズミの胎内にいる、アカネズミの胎児に、放射性セシウムが蓄積しているということを取材していました。これを人間に当てはめてみると、人間の胎児にも放射性セシウムが蓄積しているのではないかと思い、とてもおそろしくなりました。

  僕は早稲田大学法学部時代に、ゼミで刑事法のゼミに入っていて、熊本県の水俣病による被害の際の堕胎の罪について発表したことがあり、もし人間のお母さんから生まれてきた赤ちゃんに放射性セシウムによる異常が見られ、放射能汚染が原因で若くして亡くなってしまったら、東京電力の「堕胎の罪」も問われるのではないかと思いました。

  福島大学環境放射能研究所特任助教授の奥田圭先生へのインタビューで、福島県の放射能汚染地域から捕獲されたイノシシでもっとも放射汚染量の多かったもので、10万ベクレル/kgもセシウム量があったというインタビューがありました。

  京都大学原子炉研究所の放射性物質を扱う放射線管理区域から出る際の放射能汚染の限度は4万ベクレルだそうですから、とてつもない放射能汚染があったことが分かりました。

 映画全編を通して、福島第一原発事故により、放射能汚染された生命を探り、取材して映像で見せていて、具体的な放射能汚染の数値ベクレルという数値も出てきて、どれだけひどく、福島原発事故により放射能汚染されたのかが分かりました。

 最後に、道路で車に轢かれて亡くなった生命も見せていて、生命が気の毒になりました。

東日本大震災とそれに伴い起きた福島第一原発事故、福第一原発事故による放射能汚染に関心のある早稲田大学探検部関係者には是非、きちんと観ていただきたい映画だと思いました。

    2023331日に早稲田大学探検部6期OBで早稲田大学探検部OB会第5代会長だった岩崎雅典さんの作品、『福島 生きものの記録』 シリーズ4 ~生命~ を鑑賞したので、映画を見ての感想を書いておきます。 

2023年3月26日日曜日

『福島 生きものの記録』 シリーズ3 ~拡散~ 

 『福島 生きものの記録』 シリーズ3 ~拡散~                               

  岩崎雅典監督 (早大探検部6期OB、早大探検部OB会第5代会長) 群像舎 2013

  平成25年(2013年)度 文化庁映画賞 文化記録映画優秀賞受賞

   発起人 中本信義(早大探検部6期OB)、坂口康、陣内直行、菅野均、矢作和重(早大探検部12期OB)、高橋丈夫(早大探検部13期OB)、中山哲(早大探検部13期OB)、清水光雄(早大探検部13期OB)、丹野慎一(早大探検部15期OB)、太田肇(早大探検部23期OB)、川村一綱

  呼びかけ人 飯島博、飯島正広、岩本久則、上幸雄(早大探検部10期OB)、奥島孝康(早大探検部第2代部長)、加藤登紀子、見城美枝子、竹内謙(早大探検部7期OB)、谷村志穂、中村敦夫、中西せつ子、西木正明(早大探検部7期OB)、西田敏行、羽山伸一、船戸与一(早大探検部8期OB)、前田憲男、柳生博、地球生物会議ALIVE

   2023年の年賀状に早稲田大学探検部OBからのカンパをと記したところ、早稲田大学探検部34OGの浅井美香さんより、2023113日に1万円のカンパがありました。

   カンパしていただいたお金で、早稲田大学探検部6OBで早稲田大学探検部OB会第5代会長だった故岩崎雅典さんの映像作品、『福島 生きものの記録』全5巻を購入しました。

   『福島 生きものの記録』全5巻をAmazonで見つけていたので、浅井さんからのカンパのお金で、 『福島 生きものの記録』全5巻のDVDを購入しました。

   2023326日に 『福島 生きものの記録』 シリーズ3 ~拡散~ を鑑賞しました。

   シリーズ3 ~拡散~ では、福島第一原発事故後の放射性物質の拡散の状況を探っています。

   2014年に、帰還困難区域となった、大熊町、双葉町を探検しています。

 大熊町について書かれている本はこちら

 →『さまよえる町』フクシマ曝心地の「心の声」を追って  

  『汐凪』

  「原発事故自治体からの証言 

 双葉町について書かれている本はこちら

 →『さよならのかわりにきみに書く物語  田中正造の谷中村と耕太の双葉町  

  『フタバから遠く離れて』  避難所からみた原発と日本社会

  『フタバから遠く離れて  2 』原発事故の町からみた日本社会

  『あの日から起こったこと』  大地震・原発禍にさらされた医療者たちの記録

  『すごい廃炉  福島第1原発・工事秘録<201117>  

   「福島原発事故とこころの健康」  実証経済学で探る減災・復興の鍵

  『さまよえる町』フクシマ曝心地の「心の声」を追って   

 大熊町、双葉町では全町避難となり、町はゴーストタウンと化していて、住宅にはバリゲードが設置されてるのも映像として映していました。

   岩崎監督は白い防護服を着て、帰還困難区域を探検していて、新型コロナウィルス禍に襲われた際の医療関係者の防護服を思い出しながら、僕は岩崎さんの姿を見ていました。

   岩崎さんの持つ線量計の値はなんと36マイクロシーベルト(毎時)になることもあり、本当に最も放射線量の値が高い最前線の地域を探検していたのだと思いました。

   京都大学原子炉実験所の小出裕章さんのへのインタビューでは小出裕章さんの福島第一原発の溶け落ちた原子炉からまき散らされた人間に最も危害を加える放射性物質の一つセシウム137は広島に落とされた原爆の168発分だとの言葉を使っています。

 註 セシウムとは

 セシウム137、セシウム134などの同位体がある。両者とも、細胞の浸透圧を維持するために活動するカリウムと似た動きをする。体内に取り込まれると全身に分布する。物理的半減期はセシウム137が約30年、セシウム134が約2年。

 『こういうこと。  終わらない福島原発事故』 より。

 小出裕章さんの著作で僕が読んだ本はこちら、本を読んでの感想も書いています。

 →『原発と日本人  自分を売らない思想 

  「子どもたちに伝えたい-原発が許されない理由」

  『原発ゼロ世界へ』  ぜんぶなくす エイシアブックス

  『東京五輪がもたらす危険』 いまそこにある放射能と健康被害  

 その他の小出裕章さんの著作で、文京区立図書館に所蔵されている本はこちら

 →『小出裕章 矢ケ崎克馬311原発事故を語る 

  『小出裕章が答える原発と放射能』

  『小出裕章最後の講演』  原子力安全問題ゼミ 

  『小出裕章原発と憲法9 

  『原発のないふるさとを』

  『意見陳述  2011523日参議院行政監視委員会会議録

  『原発事故と農の復興』  避難すれば、それですむのか?!

  『原子力村の大罪』

  『図解原発のウソ』 

  『原発のウソ』

  『動かすな、原発。』大飯原発地裁判決からの出発

  『原発はいらない』

  『被ばく列島』  放射線医療と原子炉

  『原発と戦争を推し進める愚かな国、日本   

  『騙されたあなたにも責任がある  脱原発の真実  

  『知りたくないけれど、知っておかねばならない原発の真実』

  『原発のない世界へ』

  『この国は原発事故から何を学んだのか』 

  『放射能汚染の現実を超えて 

  『日本のエネルギー、これからどうすればいいの 中学生の質問箱  

  100年後の人々へ』

  『いのちか原発か』

  『原発ゼロ』

  『原発・放射能子どもが危ない』

   「原発事故は終わっていない」  

  京都大学原子炉研究所の放射性物質を扱う放射線管理区域から出る際の放射能汚染の限度は4万ベクレルだそうですが、福島第一原発事故で放射能汚染された地域では6万ベクレルを超える地域もあり、人が住めるような場所ではないと僕は思いました。

   高濃度放射能汚染された地域は何十年も何百年も人間が住めるような場所ではないことが分かりました。

   放射能汚染された地域に生きる生きものたちには常に優しい視点で、カメラを向けています。

   人間は避難したが、人間以外の生きものたちは、そのまま放射汚染された地域に住み続け、生きていて、痩せていたりして、生きものたちが気の毒に思いました。

   おそらく、生きものたちは放射能汚染で被爆して、体に異変が起きているのだと思いました。

  放射性物質を測定する高額な機械の映像とか、生きものたちへの医学的な視点からのアプローチなどもあり、僕は文系で理系の分野の学問知識が無いので、映画を見ていても理解できないことも多くありました。

  少しづつでも本などを読んで、理系の分野の勉強もして、この映画を見ても、理解できるようになろうと思いました。

 早稲田大学探検部関係者には是非、きちんと観ていただきたい映画だと思いました。

   先日は早稲田大学探検部6期OBで早稲田大学探検部OB会第5代会長だった岩崎雅典さんの作品、『福島 生きものの記録』 シリーズ3 ~拡散~ を鑑賞したので、映画を見ての感想を書いておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2023年3月25日土曜日

『福島 生きものの記録』 シリーズ2 ~異変~  

 『福島 生きものの記録』 シリーズ2 ~異変~                               

  岩崎雅典監督 (早大探検部6期OB、早大探検部OB会第5代会長) 群像舎 2013

  平成25年(2013年)度 文化庁映画賞 文化記録映画優秀賞受賞

   発起人 中本信義(早大探検部6期OB)、坂口康、陣内直行、菅野均、矢作和重(早大探検部12期OB)、高橋丈夫(早大探検部13期OB)、中山哲(早大探検部13期OB)、清水光雄(早大探検部13期OB)、丹野慎一(早大探検部15期OB)、太田肇(早大探検部23期OB)、川村一綱

  呼びかけ人 飯島博、飯島正広、岩本久則、上幸雄(早大探検部10期OB)、奥島孝康(早大探検部第2代部長)、加藤登紀子、見城美枝子、竹内謙(早大探検部7期OB)、谷村志穂、中村敦夫、中西せつ子、西木正明(早大探検部7期OB)、西田敏行、羽山伸一、船戸与一(早大探検部8期OB)、前田憲男、柳生博、地球生物会議ALIVE

   2023年の年賀状に早稲田大学探検部OBからのカンパをと記したところ、早稲田大学探検部34OGの浅井美香さんより、2023113日に1万円のカンパがありました。

   カンパしていただいたお金で、早稲田大学探検部6OBで早稲田大学探検部OB会第4代会長だった故岩崎雅典さんの映像作品、『福島 生きものの記録』全5巻を購入しました。

   『福島 生きものの記録』全5巻をAmazonで見つけていたので、浅井さんからのカンパのお金で、 『福島 生きものの記録』全5巻のDVDを購入しました。

   2023年3月25日に 『福島 生きものの記録』 シリーズ2 ~異変~ を鑑賞しました。

   2011年の東日本大震災に伴い起きた福島第一原発事故により放射能汚染された福島県の状況を記録しているドキュメンタリー映画でした。

  シリーズ2 ~異変~では、放射能汚染された福島県の非常に放射線量の高い最前線を探検し、放射能汚染地域に生きる、生きものたちの体の異変を探り記録しています。

   放射能汚染地域のつばめの体の異変を取材して、映像に収めていました。つばめののどに白い斑点が出来ている様子を日本野鳥の会の協力で、カメラに収めていました。映像を見ていると、福島第一原発事故による、放射能被爆と何らかの因果関係があり、被爆により、つばめののどに白い斑点が出来てしまったのではないかと僕は思いました。つばめの体の一部分が白くなるのは、福島第一原発と同じレベル7の大事故を起こしたチェルノブイリと福島以外では見られない体の異変のようです。カメラを回す側も岩崎監督も放射能被爆により、つばめののどに白い斑点が出来たのではないかと思いながら映像を作っていると思いました。

 註 レベル7とは


原発などの原子力関連施設で起こった事故を評価する基準として「国際原子力事象評価尺度(International Nuclear Event Scale=INES)があり、その深刻さを示すレベルが0から7まで決められている。事故当初、経済産業省はレベル4(所外への大きなリスクを伴わない事故)といい加減な発表をしたが、412日、レベル7(深刻な事故)に引き上げた。このときの報道発表の文面は次のとおり。「平成23311日に発生した東北地方太平洋沖地震による東京電力福島第一原発の事故・トラブルに対するINES評価について、318日以降に得られた情報を踏まえ、レベル7と暫定評価しました」

   シリーズ1で取材している、吉沢正巳さんの営む浪江町の希望の牧場も再び取材しています。希望の牧場の牛の毛や皮膚が白斑(はくはん)している(白くなっている)様子をカメラに収め、被爆により、希望の牧場の牛が白斑(白くなる)したと確信していると吉沢さんのインタビューでの言葉を流しています。

牛の白斑した映像を見ると、僕から見るとどう見ても異常な異変で、福島第一原発事故による放射能汚染による被爆と因果関係があるのではないかと思ってしまいました。

獣医による採血などの検査の結果、被爆が原因とはまだ言えないという検査結果が出てしまったようですが、映像を見ている限り、僕は被爆による牛の体の異変だと考えてしまいます。

活字では言い表せない映像の力を感じました。

 岩崎監督も被爆により牛の体の一部が白斑(はくはん 白くなって)しまったのではないかと思いながら映像を制作していると思いました。

 福島第一原発事故関連の本や早稲田大学探検部関係者が書かれている震災関連の本を読んでいるだけでは分からない、福島第一原発事故による、放射能汚染による、被爆による、福島の生きものたちの体の異変の証拠となるような貴重な映像の記録が多く出てきて、とても勉強になりました。

 早稲田大学探検部関係者には是非、きちんと観ていただきたい映画だと思いました。

    先日は早稲田大学探検部6期OBで早稲田大学探検部OB会第5代会長だった岩崎雅典さんの作品、『福島 生きものの記録』 シリーズ2 ~異変~ を鑑賞したので、映画を見ての感想を書いておきます。

 

2023年3月15日水曜日

『福島 生きものの記録』 シリーズ1 ~被爆~

 『福島 生きものの記録』 シリーズ1 ~被爆                                

 岩崎雅典監督 (早大探検部6期OB、早大探検部OB会第5代会長) 群像舎 2013年

 平成25年(2013年)度 文化庁映画賞 文化記録映画優秀賞受賞

 発起人 中本信義(早大探検部6期OB)、坂口康、陣内直行、菅野均、矢作和重(早大探検部12期OB)、高橋丈夫(早大探検部13期OB)、中山哲(早大探検部13期OB)、清水光雄(早大探検部13期OB)、丹野慎一(早大探検部15期OB)、太田肇(早大探検部23期OB)、川村一綱

 呼びかけ人 飯島博、飯島正広、岩本久則、上幸雄(早大探検部10期OB)、奥島孝康(早大探検部第2代部長)、加藤登紀子、見城美枝子、竹内謙(早大探検部7期OB)、谷村志穂、中村敦夫、中西せつ子、西木正明(早大探検部7期OB)、西田敏行、羽山伸一、船戸与一(早大探検部8期OB)、前田憲男、柳生博、地球生物会議ALIVE

   2023年の年賀状に早稲田大学探検部OBからのカンパをと記したところ、早稲田大学探検部34OGの浅井美香さんより、2023113日に1万円のカンパがありました。

   カンパしていただいたお金で、早稲田大学探検部6OBで早稲田大学探検部OB会第5代会長だった故岩崎雅典さんの映像作品、『福島 生きものの記録』全5巻を購入しました。

  『福島 生きものの記録』全5巻をAmazonで見つけていたので、浅井さんからのカンパのお金で、 『福島 生きものの記録』全5巻のDVDを購入しました。

   早速、先日、 『福島 生きものの記録』 シリーズ1 ~被爆~を鑑賞しました。

   2011年の東日本大震災に伴い起きた福島第一原発事故により放射能汚染された福島県の状況を記録しているドキュメンタリー映画でした。

   福島第一原発事故から11ヶ月後に放射能汚染された、福島県南相馬市小高地区などに赴いて放射能汚染区域を探検し、映像としての報告にまとめられています。

 福島県南相馬市について書かれている本はこちら

 『福島原発難民』  南相馬市・一詩人の警告 

 『南相馬10日間の救命医療』  津波・原発災害と闘った医師の記録

 『原発禍を生きる』

 『放射能を背負って   南相馬市長・桜井勝延と市民の選択

 『闘う市長』  被災地から見えたこの国の真実

 『暗い夜、星を数えて』  311被災鉄道からの脱出

 『あの日から起こったこと』  大地震・原発禍にさらされた医療者たちの記録

 『いのちつぐ』「みとりびと」  8

 『南相馬メドレー』 

   線量計を持って、福島第一原発から近い地区に入って探検し、放射能汚染された地域を映像として記録しています。

   線量計の値が3マクロシーベルトから4マイクロシーベルトの映像もありました。

   僕は「原発避難白書」という本を読んでいて、福島第一原発事故後、年間被ばく限度が、年間1ミリシーベルトから、年間20ミリシーベルトに引き上げられたことを知っていたので、線量計の値が、毎時、3マイクロシーベルトから4マイクロシーベルトとは、年間被曝線量が20ミリシーベルトになる計算になると思い、岩崎さんは、放射線量の値が最も高い最前線に入り、探検し、放射能汚染地域を探検し映像として記録して、報告を残したのだと思いました。

 参考文献「原発避難白書」 ←「原発避難白書」を読んでの感想も載せています。

   福島第一原発事故後、立ち入り禁止区域になった区域で残り、希望の牧場という牧場を営んでいる吉沢正巳さんという方のことも取材されていました。

 吉沢正巳さん、希望の牧場についての参考文献はこちら

 →『原発一揆』  警戒区域で闘い続ける“ベコ屋”の記録  

  希望の牧場  いのちのえほん - 23 

   吉沢正巳さんという方が営んでいた希望の牧場の牛たちが、福島第一原発事故で被曝して国からの命令で殺処分するようにとのお達しが出たことも分かりました。

   福島第一原発事故で被曝した福島の生きものたちを国は殺処分するように命令したようです。

   人間という生きものの愚かさを痛切に感じました。

   人間の作った、原子力発電所で事故が起こり、放射能が拡散され、放射能汚染され、被爆してしまったのに、被爆した牛を殺処分するように命じたようです。

  人間も生物です。

  牛も生物です。

   尊い命を、被曝した牛だからということで、国は殺処分するように命令したようです。

   人間の被ばく限度は、年間、1ミリシーベルトから20ミリシーベルトに引き上げ、なんとかしようとしたようですが、被爆した生きものたちに対する、国の目は冷ややかで、殺処分するように命じたようです。

   福島県の放射能汚染区域に生きる被爆した生きものたちは映画の中では、美しく、かわいく映像として捉えていました。

   生きものたちをこれほど、美しくかわいくカメラに収めるには、大変な労力、時間が必要だと思うし、カメラを向ける側の、カメラワークのスキル、一瞬を逃さない集中力も必要だと思うし、カメラを向ける側の生きものたちに対するいとおしさ、優しさが必要だと思いました。

   僕はこの映画の生きものたちの映像から、カメラを向ける側の生きものたちへのいとおしさ、優しさ、愛を感じました。

   福島第一原発事故にやりきれいない思いを抱き、この映画を撮っていると思いました。

   映画の中では、全ての災いはここから始まったと、福島第一原発の映像を見せています。

 早稲田大学探検部関係者には是非、きちんと観ていただきたい映画だと思いました。

   先日は早稲田大学探検部6期OBで早稲田大学探検部OB会第5代会長だった岩崎雅典さんの作品、『福島 生きものの記録』 シリーズ1 ~被爆~を鑑賞したので、映画を見ての感想を書いておきます。