2020年2月17日月曜日

『海底の支配者底生生物』 世界は「巣穴」で満ちている


『海底の支配者底生生物』  世界は「巣穴」で満ちている

清家弘治/著 中央公論新社 2020.2

地球の表面の7割を占める海底に穴を掘って暮らす底生生物。波乗りして移動する底生生物とは? 東日本大震災前後で三陸の海底生態系に何が起きた? 巣穴研究の最前線に立つ著者が、底生生物の生態と海底の神秘を綴る


『象は忘れない』


『象は忘れない』

柳広司/著 文藝春秋 2020.2

2011311日。あの日、あの場所では何が起きたのか? 原発事故で失われた命。電力会社と政府の欺瞞。福島から避難した母子が受けた差別。福島第一原発を題材にした連作短編集。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

象は忘れない (文春文庫) [ 柳 広司 ]
価格:792円(税込、送料無料) (2020/2/17時点)


2020年2月2日日曜日

『百年後を生きる子どもたちへ』「帰れないふるさと」の記憶


『百年後を生きる子どもたちへ』「帰れないふるさと」の記憶 それでも「ふるさと」      

豊田直巳/写真・文 農山漁村文化協会 2020.1

20113月、爆発事故を起こした原発からもれ出した放射性物質は、25kmも離れた福島県浪江町津島にも大量に降り注いだ。人々はふるさとを追われて。原発事故で今も帰れない「津島」の現実と願いを写真で伝える。